真の国際標準化企業を目指して。
ご挨拶

これまで創業から長きにわたりベアリング業界・マテハン業界と共に歩んでまいりまして、お陰様で創業80周年を迎えました。その間に元号は昭和から平成へ移り、社会は高度経済成長やⅠT革命と激変し、また令和へ変わった今、AIや超自動化など新たな時代の幕開けとなりました。

その早い時代の流れに対応すべく海外製プレシジョンベアリングの調達や2012年には高級車用車載部品の量産をきっかけに、航空宇宙・ロボット・医療業界へチャレンジも始め、高精度製品や全方向移動(駆動)型車輪の開発に着手しました。

その後、17年に新工場へ移転し生産性革新を加速、18年には中国法人の風司(上海)貿易有限公司、19年にはFUJI SEISAKUSHO SINGAPORE PTE. LTD.の立ち上げと、ワールドワイドに「世界調達・世界販売」を実現してまいりました。

また、弊社を取り巻く環境変化がある中で「公約した品質の厳守」の経営理念の下、全社員は品質管理検定(QC検定)3級以上の取得と工場敷地内全面禁煙の厳守、あるいはSDGsの取り組みを通じ豊かで活力ある未来を創ることや、人と循環型社会に貢献できる製品を生み出し、有限資源を使わずに動き続ける「持続可能エネルギー」の創造を目指します。

これからも次なる100周年、200周年に向かい、世の中に無いモノ・サービスを発想し「文明・文化」を創ることをFUJIの企業価値と位置づけ、全社一丸となり更に一段と努力邁進をいたす所存でございます。

今後共、これまで以上のご指導とご鞭撻を賜ります様、宜しくお願い申し上げます。

代表取締役社長 村 上 吉 秀

アクセス