沿革
1939年 昭和14年6月 村上製作所を創立
1949年 昭和24年6月 大阪市東成区大今里北之町3丁目374番地に移転
主として魔法瓶を製作
1950年 昭和25年6月 ベアリング用保持器並びにシールの製造開始
1956年 昭和31年9月 株式会社富士製作所と社名及び組織を変更
資本金80万円
1957年 昭和32年11月 大阪府経営合理化協会、大阪府能率協会に加入
高速度高性能工作機械の導入
増設を完了し生産量を拡充
1958年 昭和33年2月 ベアリング用保持器の高速度自動連続型に成功
1961年 昭和36年5月 資本金200万円に増資
1963年 昭和38年9月 日本ベアリング工業会に加盟
1963年 昭和38年10月 上野工場(第1期工事)完成。資本金550万円に増資
1964年 昭和39年11月 コンベヤ用各種プレスベアリングの製造・販売を開始
1965年 昭和40年3月 資本金800万円に増資
1966年 昭和41年4月 上野工場第2期工事に着手。同11月完成
1968年 昭和43年7月 ベアリング用保持器の生産自動化計画を完了
1968年 昭和43年11月 資本金1,200万円に増資
1968年 昭和43年12月 上野工場第3期工事に着手。昭和44年4月完成
1969年 昭和44年10月 大阪府より経営合理化優良企業に指定される
1970年 昭和45年4月 アメリカ、ヨーロッパ各地を視察
インターロールとの販売及び技術提携
資本金1,500万円に増資
1970年 昭和45年9月 物流展にインターロールグループと協同出品 販売を開始
1973年 昭和48年7月 合併会社日本インターロール株式会社を設立
1976年 昭和51年5月 上野工場に自動倉庫を完成
1977年 昭和52年4月 代表取締役 村上 実 死去
1977年 昭和52年6月 代表取締役に村上昌弘が就任
1977年 昭和52年8月 日本インターロール株式会社を吸収合併
1979年 昭和54年9月 大阪府経営合理化協会より優良企業として表彰される
1980年 昭和55年7月 上野工場第4期工事完成
1981年 昭和56年3月 上野工場組立搬送ライン完成
1983年 昭和58年3月 大阪本社を大阪市中央区谷町6丁目に移転
1985年 昭和60年4月 上野工場第5期工事完成
1986年 昭和61年4月 SMS経営研究会に参画
1986年 昭和61年9月 資本金5,000万円に増資
1994年 平成6年6月 大阪本社を大阪市中央区南船場3丁目に移転
1998年 平成10年12月 品質マネジメントシステム「国際規格:ISO9001、ISO9002」
の認証を取得
1999年 平成11年12月 環境マネジメントシステム「国際規格:ISO14001」
の認証を取得
2003年 平成15年2月 BSI規格による「ISO9001、ISO14001」の認証を取得
2008年 平成20年7月 大阪本社を大阪市北区天神橋2丁目に移転
2008年 平成20年11月 代表取締役 村上昌弘 死去
2008年 平成20年11月 代表取締役に村上吉秀が就任
2009年 平成21年6月 一般社団法人日本物流システム機器協会(JIMH)に加入
2010年 平成22年12月 ISO認証機関をASRに変更
2016年 平成28年9月 ISO認証機関をPerry Johnson Registrarsに変更
2017年 平成29年1月 旧上野工場(伊賀市四十九町)から伊賀工場へ移転(伊賀市炊 村)
アクセス